静岡でがん治療と慢性疾患治療のことならお任せください。
がん治療・慢性疾患治療のお手伝い。島田市地域No.1鍼灸院!

アトピー性皮膚炎

HP 写真 トップページ.png
 

アトピーってどんな病気?


アトピー性皮膚炎は幼児期に始まることが多く、『良くなったり・悪くなったりを繰り返す』かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者さんは 【皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)】【アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)】をもっています。これらは喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など他のアレルギー疾患を持っていることも多く、白内障、網膜剥離、とびひなどもみられます。
アトピー性皮膚炎は幼児期に始まり18~20歳でほとんど治ると言われて来ましたが、実際は20歳を過ぎても治らない患者さんや、一度治っても成人してから再発する患者さんもいます。現在、20歳以下のおよそ10人に1人がアトピー性皮膚炎であると推測されています。


アトピー性皮膚炎の原因


アトピー性皮膚炎の原因ははっきりと分かっていませんが、遺伝による体質に、環境などが強く関係して発病すると考えられます。それぞれにはアレルギーに関係するものと、それ以外のものがあります。これらは、発病のきっかけになると同時に、症状を悪化させる原因にもなります。


中医学で見るアトピー性皮膚炎


①中医学でのアトピー性皮膚炎の原因とは、主に【脾胃・ストレス・過労・環境の異常】などにあると考えられています。しかし、中医学の古典にはアトピー性皮膚炎の記述はありません。症状から見ると、中医学でいう『身痒』、『鱗屑』、『紅斑』、『水泡』に相当します。


②現代中医学では、先天の特異体質の人に添加物などの飲食の不摂生・ストレス・生活環境素因など加わって発症すると考えられています。また、腎は『先天の精を蔵して、体質と関係が深い』と認識されており、皮膚は内臓の諸問題を反映しております。アトピーの原因は複雑で、患者さまの体質と関係の深い腎のほか、脾、胃、心、肺、肝とも関連すると考えられ、中医学での治療は、食生活の改善に特に重点をおいています。


③アトピー性皮膚炎にもっとも影響を与える『湿』について
『湿』は、体に蓄積された余分な水分(≒リンパ液)のことですが、日本の気候からも日本人は湿が溜まりやすい環境にあります。また、最近の食生活の乱れから『湿』が生まれやすくなっています。『湿』が生まれやすい食べ物としては、冷たいもの、生もの、水分の摂り過ぎがあげられます。『湿』の発生の多くは、脾の機能の低下が考えられます。脾の機能(消化・吸収)が元々低下している時に、『湿』は形成されやすいです。『湿』が形成されると、皮膚はジュクジュクしたり、体が重だるかったりします。さらに『湿』により脾の機能が低下するといった悪循環が生まれます。「湿」以外に風・熱・燥などの病因が見られることもあります。


まごころ治療院での治療


治療は【自律神経(交感神経と副交感試験)を整えることにより免疫力(※血液検査の数値)を正常の範囲内に持ってくこと】【アトピー性皮膚炎にもっとも影響を与える『湿』の発生を抑える】 、この2つが自律神経免疫治療の最大の目的となります。


※血液検査は、アトピー性皮膚炎全ての患者様に受けていただくものではありません。適宜、必要と判断した時にこちらから提案させていただきます。


☆治療開始初期:週2回(3ヵ月くらい)でスタートします。その後、症状が安定してきたら週1回以下へと治療回数を減らしていきます。
☆症状が軽快かつ安定してきたら:患者様によって隔週1回~4週に1回程度の治療で状態の維持とメンテナンスを目標とします。
☆患者様によっては、血液検査を受けていただき改善されているか確認させて頂きます。およそ3ヶ月~6ヶ月ごと。(適宜)

   
HP用 コアラ.png

   

がん治療と慢性疾患治療のお手伝い       まごころ治療院
ご案内

〒427-0105 静岡県島田市南原85-4

東名吉田インターより車で5分。

東名吉田インターより車で5分、駐車場のご用意ございます。
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

0547-38-3347

受付時間

【営業時間】8:30~12:00 15:00~20:00
    土曜 8:30~14:00
【定休日】 木曜・祝日

0547-38-3347