静岡でがん治療と慢性疾患治療のことならお任せください。
がん治療・慢性疾患治療のお手伝い。島田市地域No.1鍼灸院!

びわの葉灸 Q&A

HP 大樹 写真 がん治療のお手伝い 加工済み2.png

Q(質問).びわの葉灸ってなんですか?
A(お答え).今から約3000年前のインドでは、びわの木のことを『大薬王樹(だいやくおうじゅ)』、びわの葉のことを『無憂扇(むゆうせん)』と呼んでいました。
※大薬王樹・・・最高の薬木という意味です。
無憂扇・・・・病気を治して憂いを掃うという意味です。
当時のインドは古代文明が栄え、医学も発達していました。現代にもアーユルヴェーダなどの当時の医療が受け継がれています。その中でも『びわの木』や『びわの葉』は最高の評価を与えられていました。
日本にびわの木が入って来たのは弥生時代と思われ、奈良時代に仏教の伝来と共に全国に広まりました。江戸時代には『枇杷葉湯』という煎じ薬がよく飲まれたり、びわの葉を煎じた汁を皮膚炎の治療に用いたりしていたようです。
 びわの葉灸は、ビタミンB17(アミダクリン)を含むびわの葉を皮膚に押し付けながらお灸をすることによって、びわの葉のビタミンB17(アミダクリン)などの成分と、びわの葉の生気を体に取り入れることを目的とします。


Q(質問).びわの葉灸は、どのような症状に効きますか?
A(お答え).びわの葉灸は、それだけよりも、その他の治療と併用することによって、非常に力をはっきします。しかし、ひとつの治療だけを続けていると身体が刺激になれて効果が徐々に薄れてきます。これを避けるため、当院では、鍼治療と常時6~8種類のお灸、整体を組み合わせながら、最適と考えられる治療を行っていきます。

 対象の症状となるのは、癌(がん)、慢性疾患、婦人科疾患などとなります。治りにくいと言われる疾患に対して特に良く力を発揮してくれます。


Q(質問).効果はすぐに現われるのですか?
A(お答え).効果はすぐには現われる方は少ないです。がん治療や慢性疾患の治療においては、びわの葉灸に限ったことではなく鍼灸治療でも、まず直ぐに治療効果が現われる・感じられることは少ないです。しかし、中には数回で効果を感じられたり、カラダがすごく楽になる方もいらっしゃいます。来院される患者様を拝見していますと大半の方が3ヶ月以内には何らかの変化を感じております。変化を感じてからは、治療効果の実感は違ってきます。がん治療と慢性疾患の治療においては、薄紙をはがすように気長に焦って早急に結果を求めないことが大切です。焦る気持ちがストレスとなり治療効果も半減してしまいます。日めくりカレンダーのように、1枚1枚の紙は薄くても365日分の紙を重ねれば分厚くしっかりとしたものになるのと同じように、治療の積み重ねも目に見えない貯金をしていると考えると分かりやすいかもしれません。


Q(質問).治療後はお風呂に入ってもいいですか?
A(お答え).午前中に治療をお受けになった方は、夕方以降(6時以降)にお風呂に入っていただいても大丈夫です。午後に治療をお受けになった方は出来ればその日はお風呂に入らないでください。翌日、朝風呂に入って下さい。湯舟にきちんと浸かることは、体温上昇に関係があります。

がん治療と慢性疾患治療のお手伝い       まごころ治療院
ご案内

〒427-0105 静岡県島田市南原85-4

東名吉田インターより車で5分。

東名吉田インターより車で5分、駐車場のご用意ございます。
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

0547-38-3347

受付時間

【営業時間】8:30~12:00 15:00~20:00
    土曜 8:30~14:00
【定休日】 木曜・祝日

0547-38-3347